毛周期と脱毛期間

全身脱毛値段なび

毛周期って何?サロンの脱毛回数や期間は部位によって違うの?

 

毛周期って何?夏までに脱毛するならいつから?に関して詳しく説明している画像

 

1.毛周期と脱毛効果が出るまでの回数や期間

 

脱毛をはじめようとすると『毛周期』という言葉をよく耳にすることがあるのですが、この毛周期って一体何なのでしょうか?

 

実はこの毛周期が脱毛の回数や期間を決めるうえでとても重要な要素なんです。

 

ですが、いきなりこんなことを言われてもさっぱり理解できないと思うので、まずは『毛周期とは一体何のか?』を解決してから、

 

『効率的な脱毛には何で毛周期が大切なの?』
『脱毛にかかる回数や期間はどのくらい?』
『脱毛を夏までに間に合わせるには?』

 

このような疑問にも答えていきます。

 

脱毛を行うときに重要な毛周期について詳しく見ていきましょう!

 

 

 

1-1.『毛周期』とは?毛周期の3つの状態って何?

 

 

『毛周期』とは?毛周期は3つの状態に分かれる?に関する画像

 

 

毛が抜け落ちるまでのサイクルで3つの状態に分かれます。

 

毛周期とは簡単に言うと、『皮膚の中で毛が生えてきてから抜け落ちるまで』のサイクルのことで、

 

ムダ毛の状態

休止期

毛穴の中でムダ毛が眠っている状態

成長期

成長が活発で伸びるのが早い状態

退行期

成長が止まって抜け落ちるまでの状態

※成長初期も加えて4つの状態に分けることもあります。

 

 

これら3つの状態に分けられるのですが、ここで覚えてほしいことは成長期のムダ毛でないと脱毛効果が十分に伝わらないということです。

 

また、成長期のムダ毛は体に生えている毛の20%〜30%だけです。そのため、脱毛は1回だけでは終わりにすることができず、脱毛サロンや医療クリニックに何度も通う必要があるので脱毛期間が長くなるんです。

 

成長期のムダ毛は全体の20%〜30%なので脱毛には時間がかかります!

 

 

 

1-2.毛周期は部位によって違う?脱毛のペースは?

 

 

毛周期は部位によって違う?脱毛のペースは?に関する画像

 

 

脇や腕、VIOなど部位が違えば毛周期が違ってきます。

 

脱毛には毛周期が大切なのが理解してもらえたら、次は部位ごとの毛周期を見ていきますが、

 

部位

毛周期

2ヵ月〜3ヶ月

1ヶ月半〜2ヵ月

VIO

1ヶ月半〜2ヵ月

1ヶ月半〜2ヵ月

顔(うぶ毛)

1ヶ月〜2ヵ月

 

 

表のように毛周期は部位によって多少の違いがあるものの、おおむね2ヵ月程度となっています。そのため、ほとんどの脱毛サロンではどの部位を脱毛するにしても通うペースは2ヵ月に1回となっている場合が多いんです。

 

また、さきほどの項目で説明したように脱毛は成長期のムダ毛に対して行わないと効果が出ません。つまり、短期間に何回脱毛をしても毛周期の関係から成長期のムダ毛が少なければ脱毛効果はほとんど期待できません。

 

成長期のムダ毛が生え揃う2ヵ月間隔で脱毛するのが効果的です!

 

 

 

1-3.効果が出るまでに必要な脱毛回数は?

 

 

効果が出るまでに必要な脱毛回数は?に関する画像

 

 

部位によって効果が出るまでの回数に違いがあります。

 

脱毛効果はムダ毛の濃さや肌の強さなどの個人差があるものの、多くの人が6回前後で、

 

『ムダ毛が細くなり目立たなくなってきた』
『自己処理の頻度が少なくなってきた』

 

このような脱毛効果を感じています。

 

ただし、わきやVIOなどの部位はムダ毛が太く、しっかりしているので脱毛効果が出るのに8回かかる場合もあります。

 

部位

脱毛回数

6回〜8回

4回〜6回

VIO

6回〜8回

4回〜6回

顔(うぶ毛)

8回〜10回

 

 

また、脱毛サロンのフラッシュ脱毛は色の濃いムダ毛に反応しやすい特徴があります。そのため、表のように色素の薄い顔の産毛などはムダ毛自体は細くて柔らかいのですが、脱毛器が反応しにくいため脱毛効果が出るまでに8回〜10回かかることもあります。

 

わきやVIO、顔などの脱毛回数は多くなる傾向があると覚えておきましょう!

 

 

 

2.夏までに脱毛効果を感じるためには?

 

夏までに脱毛効果を感じるには?に関する画像

 

 

2-1.脱毛効果を感じるまでには最短でも1年かかる

 

 

効果が出るまでの期間はサロンの『1年間に脱毛できる回数』を参考にしましょう。

 

先ほどの項目からムダ毛が少なくなり始めるなどの効果を感じるまでには、『おおむね6回』の脱毛が必要だと理解してもらえたと思います。それでは、脱毛6回にかかる期間はどのくらいなのでしょうか?

 

その期間を知るためには、脱毛サロンの『1年間に脱毛できる回数』を見ればわかります。

 

脱毛回数
(1年最大)

脱毛6回にかかる期間

サロンA

6回

1年

サロンB

4回

1年半

サロンC

3回

2年

 

 

現在、1年間で脱毛できる回数が『6回』となっているサロンであれば、脱毛効果を最速で感じることができます。つまり、夏までに脱毛効果を感じるためには、遅くても1年前から脱毛に通い始める必要があります。

 

脱毛効果を夏までに感じたいなら1年前からサロンに通いはじめましょう!

 

 

 

2-2.夏までに1年切っていたら脱毛はあきらめた方がいい?

 

 

夏までに1年切っていたら脱毛はあきらめた方がいい?に関する画像

 

 

例え1、2回しか脱毛できなくても脱毛サロンに通っておくのがおすすめです。

 

毛周期の関係で再びムダ毛は生えてきますが、サロンに1、2回通えば脱毛後1〜2週間はムダ毛が抜けた状態になります。そのため、夏までに1年を切っていて、例え1回や2回しか脱毛できなくても脱毛サロンに通っておくのがおすすめです。

 

ただし、脱毛後の日焼けは厳禁で、

 

・脱毛器は黒いものに反応しやすい
・日焼して黒い肌は脱毛器の光りを吸収しやすい

 

このような理由から肌に負担がかかり、脱毛中に痛みを感じたり火傷や肌荒れなどのトラブルが起きやすくなります。そして、脱毛サロンではこうしたトラブルが起きないよう、日焼けした肌への脱毛ができないところがほとんどです。

 

脱毛を断られないよう日焼け対策はしっかりとしましょう!

 

 

(参考)
【脱毛前後の注意点】安全で効率的な脱毛のために守りたいことって?

 

 

 

2-3.脱毛前後の自己処理にも注意

 

 

脱毛前後の自己処理にも注意に関する画像

 

 

毛抜きやブラジリアンワックスで自己処理をすると毛周期がずれてしまいます。

 

せっかくムダ毛の成長期に合わせて脱毛サロンに通っていても、毛抜きやブラジリアンワックスで自己処理をするとムダ毛が毛根から無くります。すると、ムダ毛が再生するまでに時間がかかり、毛周期がずれることで脱毛1回分が無駄になってしまいます。

 

また、フラッシュ脱毛は黒いものに反応しやすい特徴があるので、ムダ毛を毛根から抜くと脱毛器に反応する部分が無くなります。そのため、毛抜きやブラジリアンワックスで自己処理すると脱毛効果が出ないデメリットもあります。

 

毛周期がずれたり効果も無くなるので自己処理にも注意しましょう!

 

 

(参考)
【脱毛前後の注意点】安全で効率的な脱毛のために守りたいことって?

 

 

 

2-4.どうしても短期間に脱毛したいなら医療クリニックへ

 

 

どうしても短期間に脱毛したいなら医療クリニックへに関する画像

 

 

脱毛サロンよりも効果が高いので脱毛期間を短縮できます。

 

脱毛サロンと医療クリニックでは脱毛方法に違いがあることから、脱毛効果や効果を感じるまでの回数に違いがあります。

 

脱毛方法
(脱毛効果)

効果を感じる
までの回数

クリニック

レーザー
(効果高い)

3回

サロン

フラッシュ
(効果低い)

6回

 

このように、医療クリニックのレーザー脱毛の方が効果が高くなっているので、

 

・ムダ毛が少なくなり始める
・自己処理の頻度が少なくなる

 

このような効果を脱毛サロンの半分である『3回』で感じ始めることができます。

 

また、医療クリニックは脱毛効果を早く感じはじめるということは、脱毛完了までの期間も短縮することができるんです。そのため、どうしても短期間に脱毛したいなら医療クリニックに通うのがおすすめです。

 

クリニックなら脱毛完了までの期間がサロンの半分になります!

 

 

脱毛完了までの期間

部位

クリニック

サロン

1年

2年半

8ヶ月

1年半

VIO

1年

2年半

8ヶ月

1年半

顔(うぶ毛)

1年4ヶ月

3年

 

 

(参考)
脱毛エステサロンとクリニックを比較!選び方で困らない5つのポイント

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛値段に関する画像

 全身脱毛値段なび〜安いおすすめの脱毛エステサロンを徹底比較

 

全身脱毛サロンの値段ってホームページなどを見てもわかりにくいですよね?そこで、人気な全身脱毛サロンの値段を比較してどこが安いのか丸裸にしていきます。